Publication

Journal Paper (Peer-reviewed)

  1. Kentaro Yasu, Kathrin Probst, Maki Sugimoto, Michael Haller, Masahiko Inami, "Move-it: a paperclip-shaped sensing and actuating system for sticky notes", ROBOMECH Journal, 1(1), Article: 12. Springer International Publishing, doi:10.1186/s40648-014-0012-9 (2014)

  2. 安 謙太郎, 永谷 直久, 常盤 拓司, 杉本 麻樹, 稲見 昌彦,“画像提示装置を用いたロボットの制御手法”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 特集号(基礎論文) Vol.16, No.2, pp.181-188, (2011) 

  3. Naoya Koizumi, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, "Animated paper: A toolkit for building moving toys", Computers in Entertainment (CIE) 8(2):7 DOI: http://doi.acm.org/10.1145/1899687.1899689 (2010)


International Conference

< Paper > (Peer-reviewed)

  1. Kentaro Yasu. 2020. MagneLayer: Force Field Fabrication by Layered Magnetic Sheets. In Proceedings of the 2020 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI ’20). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 1–9. DOI:https://doi.org/10.1145/3313831.3376552 [Honourable Mention Award] [NEW!!]

  2. Kentaro Yasu. 2019. Magnetact: Magnetic-sheet-based Haptic Interfaces for Touch Devices. In Proceedings of the 2019 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '19). ACM, New York, NY, USA, Paper 240, 8 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3290605.3300470 [Full Paper] (2019.5)

  3. Kentaro Yasu. 2017. Magnetic Plotter: A Macrotexture Design Method Using Magnetic Rubber Sheets. In Proceedings of the 2017 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI '17). ACM, New York, NY, USA, 4983-4993. DOI: https://doi.org/10.1145/3025453.3025702 [Full Paper] (2017.5)

  4. Kentaro Yasu. 2016. MOR4R: How to Create 3D Objects Using a Microwave Oven. In Proceedings of the TEI '16: Tenth International Conference on Tangible, Embedded, and Embodied Interaction (TEI '16). ACM, New York, NY, USA, 365-372. DOI: https://doi.org/10.1145/2839462.2839507 [Full Paper] (2016.2)

  5. Kathrin Probst, Michael Haller, Kentaro Yasu, Maki Sugimoto, and Masahiko Inami. 2014. Move-it sticky notes providing active physical feedback through motion. In Proceedings of the 8th International Conference on Tangible, Embedded and Embodied Interaction (TEI '14). ACM, New York, NY, USA, 29-36. DOI: https://doi.org/10.1145/2540930.2540932 [Full Paper] (2014.2)

  6. Kentaro Yasu, Masahiko Inami, "POPAPY: Instant Paper Craft Made Up in a Microwave Oven", 9th International Conference of Advances in Computer Entertainment (ACE2012), Lecture Notes in Computer Science vol.7624, pp.406- 420, Springer Berlin Heidelberg. DOI=http://dx.doi.org/10.1007/978-3-642-34292-9_29 (2012.11)  [Bronze Creative Showcase Award]

  7. Kathrin Probst, Thomas Seifried, Michael Haller, Kentaro Yasu, Maki Sugimoto, and Masahiko Inami. 2011. Move-it: interactive sticky notes actuated by shape memory alloys. In CHI '11 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems (CHI EA '11). ACM, New York, NY, USA, 1393-1398. DOI: https://doi.org/10.1145/1979742.1979780 (2011.5)

  8. Naoya Koizumi, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, “Animated Paper: A Moving Prototyping Toys", 7th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, (ACE2010), (Taiwan, November17-19, 2010) DOI: http://doi.acm.org/10.1145/1866218.1866234 (2010.11)
     

< Poster and Demo > (Peer-reviewed)

  1. Kentaro Yasu. 2018. Magnetact: Magnetic-sheet-based Haptic Interfaces for Touch Devices. In Proceedings of SA ’18 Emerging Technologies, Tokyo, Japan, December 4-7, 2018, 2 pages. https://doi.org/10.1145/3275476.3275478 [demo] (2018.12)

  2. Kentaro Yasu. 2017. Magnetic plotter: a macrotexture design method using magnetic rubber sheets. In ACM SIGGRAPH 2017 Studio (SIGGRAPH '17). ACM, New York, NY, USA, Article 6, 2 pages. 

    DOI: https://doi.org/10.1145/3084863.3084866 [demo] (2017.7)

  3. Kentaro Yasu, Yuichiro Katsumoto (2015). "Bump Ahead: Easy-to-Design Haptic Surface using Magnet Array", SIGGRAPH Asia 2015 Emarging Technologies. DOI: http://doi.acm.org/10.1145/2818466.2818478 [demo] (2015.11)

  4. Kentaro Yasu. 2015. MOR4R: microwave oven recipes for resins. In SIGGRAPH 2015: Studio (SIGGRAPH '15). ACM, New York, NY, USA, Article 4, 1 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/2785585.2792692 [demo] (2015.8)

  5. Furi Sawaki, Kentaro Yasu, and Masahiko Inami. 2012. flona: development of an interface that implements lifelike behaviors to a plant. In Proceedings of the 9th international conference on Advances in Computer Entertainment (ACE'12), Springer-Verlag, Berlin, Heidelberg, 557-560.
    DOI=
    http://dx.doi.org/10.1007/978-3-642-34292-9_58 [Poster] (2012.11)

  6. Kentaro Yasu, Masahiko Inami, "POPAPY", The 39th International Conference and Exhibition in Computer Graphics and Interactive Techniques, SIGGRAPH 2012 Studio Projects, Los Angeles, [demo] (2012.8)

  7. Kentaro Yasu, Masahiko Inami,“ Silent Humming : A digital humming producing system using unvoiced sounds and throat motion”, Laval Virtual 2012, (France, March 28- April 2, 2012) [demo & poster] (2012.4)

  8. Naoya Koizumi, Kentaro Yasu, Angela Liu, Maki Sugimoto, Masahiko Inami, “Animated Paper: A Moving Prototyping Platform”, UIST '10 Adjunct Proceedings of the 23rd annual ACM symposium on User interface software and technology (UIST2010), pp.389-390, 2010.10. (New York, October 3-6, 2010) DOI: http://doi.acm.org/10.1145/1866218.1866234 [demo] (2010.10)


Domestic Conference 

< Paper > 

  1. 坂本 菜月, 安 謙太郎, 牧野 泰才, 稲見昌彦. "Animated paper 2: 二次元通信を用いたテーブル上を動く紙". エンタテインメントコンピューティングシンポジウム 2013 論文集, pp.305-309.2013 (2013) (査読有り)

  2. 安 謙太郎, 稲見 昌彦, "POPAPY: 電子レンジの加熱によって作成するペーパークラフトの設計手法" ,エンタテインメントコンピューティング 2012 論文集, pp283-290, (2012.9) (査読有り)【論文賞・芸術科学会賞】 

  3. 楊 尚樺, 安 謙太郎, 稲見 昌彦, "POPAPY:電子レンジを用いてペーパーフィギュアへと変形する ポストカードのデザイン", 第 23 回 情報処理学会 エン タテインメントコンピューティング研究会 研究発表会, セッション 3: 実世界, (8), (2012.3)

  4. 佐山 ウィリアム 明裕, 安 謙太郎, 稲見 昌彦, "Scribbler: On-demand fabrication of personal articles in daily life", 第23回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会, セッション3: 実世界, (6), (2012.3)

  5. 川名 宏和, 安 謙太郎, 稲見 昌彦, dotanco: 実環境と情報環境を結ぶスタンプ型インターフェースの提案, 第23回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会, セッション3: 実世界, (5), 2012)【学生発表賞】

  6. 安 謙太郎, 竹内 祐太, 稲見 昌彦(慶應義塾大学), "サイレントハミング:呼気音と咽頭運動を利用した鼻歌再現システム", エンタテインメントコンピューティング2011,セッション4B 声, 04B-06, (2011.10) [査読有り]

  7. 安 謙太郎, 岩間 理, 山沖 聡, 飯田 訓正(慶應義塾大学), "化学発光像計測による DME および n-Butane の HCCI 燃焼機構の解析", 自動車技術会関東支 部 2007 年度学術研究講演会, (2007.3)
     

< Poster and Demo >

  1. 安 謙太郎, Kathrin Probst, 杉本 麻樹, Michael Haller, 稲見 昌彦. "Move-it:付箋紙に動きを与えるクリップ" In ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2013, pp. _2A2-Q03_1. 一般社団法人 日本機械学会, 2013, doi: https://doi.org/10.1299/jsmermd.2013._2A2-Q03_1 [ポスター発表] (2013.5)

  2. 佐脇 風里,安 謙太郎,稲見 昌彦, "喜怒哀楽表現のための植物に特化したアクチュエーション手法", インタラクション2012,[ポスター発表、査読有り] (2012.3)

  3. 安 謙太郎,竹内 祐太,稲見 昌彦, "サイレントハミング:呼気音と咽頭運動を利用した鼻歌再現システム", WISS2011, [ポスター発表、査読有り] (2011.12)

  4. 安 謙太郎,小泉 直也,近藤 誠,朱 景華,Liu Angela,杉本 麻樹,稲見 昌彦, "Animated Paper -エネルギープロジェクタを用いた平面型ロボットの制御手法の提案-", ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2010, 1A1-F03(1)-1A1-F03(4), [ポスター発表] (2010.6)


     

Patent

  1. 力覚提示物および力覚提示方法

    WO WO2018159854A1 安 謙太郎, 日本電信電話株式会社

    Priority 2017-03-03 • Filing 2018-02-26 • Publication 2018-09-07

  2. 力覚提示物および書籍

    WO JP WO2018159855A1 安 謙太郎, 日本電信電話株式会社

    Priority 2017-03-03 • Filing 2018-02-26 • Publication 2018-09-07

  3. 力覚提示物

    WO WO2018159856A1 安 謙太郎, 日本電信電話株式会社

    Priority 2017-03-03 • Filing 2018-02-26 • Publication 2018-09-07

  4. 着磁器および着磁用部品

    JP JP6532922B2 安 謙太郎, 日本電信電話株式会社

    Priority 2017-10-06 • Filing 2017-10-06 • Grant 2019-06-19 • Publication 2019-06-19

  5. 着磁方法および着磁用部品

    JP JP2018148197A 安 謙太郎日本電信電話株式会社

    Priority 2017-03-03 • Filing 2017-10-06 • Publication 2018-09-20

  6. 体感装置、その方法、およびデータ構造

    JP JP2018124859A 安 謙太郎, 淳司 渡邊, 三上 弾, 高橋 康輔, 木全 英明. 日本電信電話株式会社

    Priority 2017-02-02 • Filing 2017-02-02 • Publication 2018-08-09

  7. シート用変形部材

    JP JP2014032796A 安 謙太郎, 稲見 昌彦. Japan Science & Technology Agency

    Priority 2012-08-02 • Filing 2012-08-02 • Publication 2014-02-20

 

​​メディア掲載

< Press​​ and Web > 

  1. 2018年6月1日 NTTジャーナル2018年6月号(2018 vol.30 No.6)「平らなシートに凹凸感を“書き込む”「磁性触覚印刷技術」を開発」http://www.ntt.co.jp/journal/1806/files/JN20180673.pdf

  2. 2018年2月13日「平らなシートに凹凸感を“書き込む”「磁性触覚印刷技術」を開発」(報道発表)

    http://www.ntt.co.jp/news2018/1802/180213a.html

  3. 2018年2月13日,日経電子版「NTT、平らなシートに凹凸感を“書き込む”「磁性触覚印刷技術」を開発」

    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP471317_T10C18A2000000/

  4. 2018年2月15日,日経産業新聞p.005「平面シートで凹凸錯覚 NTT、磁石の力で変化」

  5. 2018年2月19日,マイナビニュース「NTT、平らなシートに凹凸触覚刺激を提示できる「磁性触覚印刷技術」を開発」

    https://news.mynavi.jp/article/20180219-585485/​​

  6. 2015年11月,  Bump Ahead が「触感コンテンツ100選」で紹介されました。​http://touch100.org/contents/18/index.html

  7. 2010年11月号(第372号) 光と画像の技術月刊誌「O plus E」『一枚の写真』(p1267-1268)
     

< TV >

  1. 2018年4月4日 YouTube NTT公式チャンネル「“印触”技術で平らな磁性シートの上に凹凸を感じさせます」 https://www.youtube.com/watch?v=oYOpcyCs6zM

  2. 2010年12月18日放送 TBS「知っとこ!」『今週のコレ 知っとこ!』

  3. 2010年8月4日放送 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」『トレンドたまご』

  4. 2009年4月21日放送 NHK教育テレビ「すイエんサー」『明日のすイエんサー』
     

< Radio >

  1. 2013年(京都:7/11、高松7/15)放送 京都三条ラジオカフェ「第二回くらもといたるのいたらナイト2013」ゲスト出演。
     

 

Others

< 展示 > 

  1. ICCキッズ・プログラム2018「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」(2018年7月20-8月26日)「でこぼこえほん」展示

  2. おいでよ!絵本ミュージアム2018 (2018年7-8月),デモ展示

  3. NTTコミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2018「平らなシートなのに凹凸感?!~磁性シートに凹凸感を“書き込む”磁性触覚印刷技術~」(2018年5月31-6月1日)デモ展示​

  4. R&Dフォーラム2018 「“印触”技術で平らな磁性シートの上に凹凸を 感じさせます」(2018年2月)

  5. おいでよ!絵本ミュージアム2017 (2017年7-8月),デモ展示

  6. 福岡市科学館(2017年10月~),デモ展示

  7. Buchmesse2017(ドイツ, 2017年11月)女子美術大学協力による作品制作

  8. ICC展示「振動電話ふるえ」技術協力(2017.05)

  9. ニコニコ超会議「振動電話ふるえ」技術協力(2017.04)

  10. R&Dフォーラム「テニス体験VR」技術協力(2017.02)

  11. 大宮アルディージャイベント「サッカー体験VR」技術協力(2016.10)

  12. NTT西日本 Nコレ「VRお化け屋敷」技術協力(2016.08-11)

  13. ニコニコ超会議「振動電話ふるえ」「ハートキャッチ♡ぶるぶるブルペン」技術協力(2016.4)

  14. Nov 2014 - May 2015, Exhibition and demo of POPAPY in ArtScience Museum Exhibition "DA VINCI: SHAPING THE FUTURE"​​http://www.marinabaysands.com/assets/ArtScience_Museum_celebrates_the_works_of_Leonardo_da_Vinci_14_Nov_2014.pdf

  15. Kentaro Yasu, Masahiko, Inami. "POPAPY", Ars Electronica 2014 Festival for Art, Technology, and Society. pp.106, ISBN: 978-3-7757-3849-1, (2014) http://www.aec.at/center/en/2014/09/02/popapy/

  16. インタラクション2011 (2011年3月12日)

    Animated Paperを展示する予定でしたが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で展示を中止いたしました.この度の地震で災害や影響を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます.

  17. Make: Tokyo Meeting 06 (2010年11月20-21日)Animated Paperの展示および販売にて参加

  18. 科学と遊ぶ幸せな一日(2010年9月25日)

    慶應義塾大学 新川崎(K²)タウンキャンパスに於いて、川崎市、幸区、かわさき新産業創造センター(KBIC)と共催で開催された、「科学とあそぶ幸せな1日」にてAnimated Paperを用いた子供向けワークショップ「紙工作が大暴れ!! ~動く折り紙を作ろう~」を開催しました。(2010年9月25日)

 

​​< 登壇 >

  1. 2016年12月26日, Fab Meetup Vol.36 〜触覚×テクスチャ×デザイン〜 にて登壇しました。​http://peatix.com/event/222008?lang=ja

  2. 4th,Mar 2015, Panel session "Toy Stories: Invention to Creation" held in ATLAS, Colorado Univ.​ I joined as a panel researcher. 

    http://atlas.colorado.edu/wordpress/?page_id=558 

  3. SENSACT Vol.1(2012年4月21日)

    フォトリフレクタをテーマにゲストとしてトークを行いました.

< 寄稿 >

  1. 安 謙太郎, “頭の中のもののつくり方”, ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.19 No.4, 2017. pp.11-14. デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究のいま! -SIG-DeMO研究会の立ち 上げとねらい - 特集
  2. 安 謙太郎, SIGGRAPH2017参加報告, ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.19 No.4, 2017. pp.63.
  3. 会議参加報告を執筆しました.
    安 謙太郎, SIGGRAPH2012 -Emerging Technologies-, JVRSJ Vol.17 No.3 September, 2012, pp.171. (2012).
  4. 研究室紹介の記事を執筆しました.​
    安 謙太郎, 稲見 昌彦, 稲見昌彦研究室紹介, 慶應義塾大学 ヒューマンインタフェース学会誌 Vol.14, No.1, 2012, pp.25-27 (2012).​​

     


Award

  1. Honourable Mention Award at CHI 2020. "MagneLayer: Force Field Fabrication by Layered Magnetic Sheets"

  2. 著博士論文が情報処理学会 2012年度研究会推薦博士論文に推薦されました。

  3. Bronze Creative Showcase Award at International Conference of Advances in Computer Entertainment (ACE2012), Kathmandu, Nepal, November 3-5, 2012. "POPAPY: Instant Paper Craft Made Up in a Microwave Oven" receive a prize, "

  4. エンタテイメントコンピューティング2012において「POPAPY: 電子レンジの加熱によって作成するペーパークラフトの設計手法」が論文賞,芸術科学会賞を共に受賞しました

  5. KMD Award 2010 (Dean’s list of Keio Media Design)
    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科2010年度の最優秀学生5人の中に選ばれました

     

Licence

  1. 2010年 バーチャルリアリティ技術者認定試験合格

  • Twitter Round
  • Facebook - Black Circle
  • Tumblr - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • LinkedIn - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

all pictures are protected by copyright. 

© Kentaro Yasu 2020.